2016年11月20日

仔猪

ジビエ肉の仔猪です。フランス語だとマルカッサンとかわいい名前で呼ばれたりします。
初めから「さん付け」なのが紳士的で素敵ですね。

猪.jpg


猪の肉色は赤いとされますが、仔猪ではピンク色になり、肉質はより豚肉に近い感じになりますが、野生の仔猪は家畜と比べてより個体差が大きかったりします。
この個体差が大きいという事が仔猪に限らずジビエ肉の楽しさの一つです。


ラベル:ジビエ
posted by タピルージュ at 18:55| 肉類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする