2016年03月17日

フォン・ド・ヴォー

「フォン」はだし汁、「ヴォー」は仔牛なので、仔牛のだし汁という意味です。
しっかり焼いた仔牛の骨や仔牛のスネ肉、香味野菜などを使い、アクや余分な脂肪を取り除き、汁が濁らないように長時間煮込む事によってコラーゲンたっぷりのフォンができあがります。

フォンドボー.jpg


シェフのひと工夫を加える為、店ごとに味が変わります。フォン・ド・ヴォーが料理の味を左右すると言っても過言ではありません。
このフォン・ド・ヴォーをベースにしていろいろな肉料理のソースが出来上がります。


ラベル:フォン
posted by タピルージュ at 18:46| 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする