2016年03月05日

クロ・ド・ラ・ロシュ

5つあるモレ・サン・ドニのグランクリュのひとつ、クロ・ド・ラ・ロッシュです。
ニュイのグランクリュはそれぞれ特徴が異なりますが、その中でもクロ・ド・ラ・ロッシュ はより独特で、味わいの厚みと深みがあるシャンベルタンに似たニュアンスを感じつつも赤や黒の果実よりも、腐葉土やトリュフの香りが強いのが特徴でしょうか。さすがグランクリュ、ポテンシャルは充分に感じさせてくれます。

クロドラロシュ.jpg


マルシャンフレールのクロ・ド・ラ・ロッシュはフレンチオークの新樽で熟成させ、年間生産数300本と希少価値も申し分無しです。

posted by タピルージュ at 10:43| ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする