2015年04月30日

ビュルゴー家のシャラン鴨

フランス、シャラン北部ヴァンデ沿岸地域に広がる湿地帯で飼育されている鴨です。
飼料は、職人による伝統を守った手作りの餌(とうもろこし、小麦、マラカス麦、大豆、果肉、糖蜜)などが使用されています。屠鳥方法にも特徴があり、シャラン鴨は伝統的にエトフェ(窒息)させることにより血液が肉の中にとどまり、より繊細な肉質で芳醇な味わいを特徴とします。
さらにビュルゴー家4代に渡り、伝統的な飼育条件を満たす契約農家で飼育された鴨のみがビュルゴーの製品になります。まさに究極の鴨です。

ビュルゴー家のシャラン鴨.JPG


ラベル:
posted by タピルージュ at 10:36| 肉類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする