2016年09月29日

プリン

タピルージュ自家製のプリンです。
フランス語だと、クレーム・カラメルやクレーム・ランヴェルセ、英語だとカスタードプディングなどと呼ばれますが、プリンはどこまでいってもプリンなのです。

子供の頃は、このくらいの量のプリンを1人で食べるのが夢でした。

自家製プリン.JPG


posted by タピルージュ at 18:48| デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

【C】ガウディウム Cカラ【アルファベットワイン】

イタリア南部バジリカータで生産されるアリアニコ100%のフルボディの赤ワインです。
ブラックベリーやブルーベリーなど黒い果実を彷彿させるワインです。
名前のカラとは「喜び」をあらわすそうです。

Cワイン ガウディウム カラ.jpg


posted by タピルージュ at 19:11| アルファベットワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ピエダングロワ

牛の生乳からつくられる白カビチーズとウォッシュタイプチーズの中間のようなチーズです。
塩水でウォッシュタイプしたチーズを、真水で洗いなおしているため、ウォッシュタイプ独特クセがなく、濃厚なミルクの風味とリッチな食感が味わえます。外側の皮はほのかにウォッシュの香りがしますが全体的に香りは弱いです。

ピエダングロワ.JPG


カマンベールよりも中は柔らかくて、少し温度が上がるとトロっとしてきてそれはもう格別です。
フルーティーな軽めの赤ワインと相性が良さそうです。試した事はありませんがボジョレヌーヴォにぴたりと合うんじゃないかなと思います。



posted by タピルージュ at 20:44| フロマージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

カマンベール ペイ・ドージュ

フランス北部ノルマンディー地方に位置するペイ・ドージュは酪農がとても盛んです。
リンゴやナシなども生産されていますが、なんと言ってもチーズの名産地なのです。
カマンベールの他にもポンレヴェック、リヴァロが有名です。

カマンベールペイドージュ.JPG


posted by タピルージュ at 20:29| フロマージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

竹炭のマカロン

美しい焼き上がり、漆黒のマカロンです。
印象派の天才画家ルノワールは「黒こそ色彩の女王」という言葉を残しているそうな。

竹炭マカロン.JPG


竹炭はミネラルを豊富に含みデトックス効果も期待できます。

タグ:マカロン
posted by タピルージュ at 18:45| デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

【S】サロン【アルファベットワイン】

Sといえばサロン。レジェンドシャンパーニュ「サロン」です。
シャンパーニュ地方のなかでもサロン社は異色の存在です。

Sサロン.jpg


一般的なシャンパンメーカーはノンヴィンテージやロゼ、ヴィンテージなど数種類のシャンパンを生産しますがサロンでは、ル・メニルのシャルドネ種だけで、ヴィンテージ品の1種類のみを作っています。たった1種類です。しかもとても少ない量です。

さらに、サロンはブドウの出来に納得がいかない場合はシャンパンを作らないというストイックなシャンパンメゾンです。

さらに、さらに、熟成も異色で、最低でも8年間瓶熟成します。その為、ブドウが採れてからシャンパンとして出荷されるまで最短でも10年もの歳月がかかるという長さです。ビジネスとしてやっていけるのか疑問に感じます。もはや利益ではない、完璧の向こう側を目指しているように思えます。

20世紀の100年間の歴史の中で37のヴィンテージしか存在しないというまさに究極のレジェンドシャンパーニュ「サロン」 です。
posted by タピルージュ at 13:14| アルファベットワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

オカヒジキ

葉が海藻のヒジキに似ている事から、丘に生えるヒジキと言う意味で「丘ひじき」と名付けられたらしいです。ヒジキは黒いしあんまり似てない感じもしますが、細かい事は気にしません。
イタリアの高級食材で知られるアグレッティと似ているとも言われています。おかひじきはもっとガサガサしていそれ程似ていない感じもしますが、細かい事は気にしません。

おかひじき.JPG


カルシウム・マグネシウムなど骨を丈夫にする成分を豊富に含む健康野菜です。

タグ:おかひじき
posted by タピルージュ at 19:34| 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

【M】モントードン ブリュット・レゼルヴ・プルミエール【アルファベットワイン】

ランス大聖堂に程近い場所に位置する1891年創業の歴史と伝統ある老舗シャンパンメゾンです。
モントードンという創立者の苗字がそのまま社名になっています。

Mモントードン.jpg


posted by タピルージュ at 12:24| アルファベットワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

【T】シャトー・ド・トラシィ プイィ・フュメ マドモアゼル“T”【アルファベットワイン】

時々、お客様からアルファベット(1文字)が大きくラベルに書いてあるワインを用意してほしいとお願いを受けるときがあります。
だいたいが一緒にご来店するお連れ様が誕生日で、その方の名前の頭文字が入ったワインを希望するケースです。想像以上に喜ばれ、用意しがいがあります。(スペルによっては時期や金額の関係でご用意できない場合もあるのですが・・・)
そんなワインをご紹介していきたいと思います。せっかくなのでA〜Zすべてご紹介できればと思います。

Tマドモワゼル・ド・T.jpg


まず最初の1本はTapis Rougeの「T」から紹介したいと思います。
シャトー・ド・トラシィのプイィ・フュメ、マドモアゼル“T”です。
ソービニヨン・ブラン100%のロワールを代表する生産者の1人です。金に光るTのエチケットが神々しいですね。
posted by タピルージュ at 21:02| アルファベットワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ブルー・ド・ブレス「ブレス・ブルー」

フランスのブレス地方で生産される、白かびチーズの特徴も持つブルーチーズです。
イタリアのゴルゴンゾーラを意識してつくったチーズだけあって、味わいも似ています。
ブルーチーズの中でもマイルドで食べやすいので、初めてブルーチーズを食べる方にもおすすめです。

ブレスブルー.jpg





posted by タピルージュ at 20:10| フロマージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする